--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14
2006

Pumpkin Scissors

CATEGORY[感想]読書
Pumpkin Scissors 1 (1) Pumpkin Scissors 1 (1)
岩永 亮太郎 (2004/06/17)
講談社

この商品の詳細を見る


今、アニメでもやっているそうですが(見てないけど)前々から気になっていた「パンプキン・シザーズ」を読み始めました。


物語は、とある帝国の戦災復興部隊として設立された陸軍情報部第3課、通称「パンプキン・シザーズ」の面々を主軸にして進んでいきます。
正直序盤は複線というか秘密めいた「謎提示」部分が多く、多少、物語の理解に「???」となる部分もあるかもしれませんし…3巻まで読んだんだけど、そこでも謎が謎を呼び――みたいになっていて『これって何?』とか思う部分も多い。

でも、そこが面白い。

ただ戦災復興といいつつも、戦闘場面は多く、かなり凄惨なシーンも出てきたりします。青年系コミックだしね。(グロくはないと思うけど。私が読めるんだし…)
そういったのが苦手な人には向かないかもしれません。


『戦争が終わったのに、なんで、こんなにあちこちで銃声が鳴りっぱなしなんだ』

こんな台詞を、登場人物の1人(陸情3課の課長)が言う場面があります。
目に見える「戦争」は終わっても、様々な戦いは終わらない。
物語のなかだけではなく、今、この世界のどこかでも同じ事が起きているのかな? そんなことを、ふと考えさせられるお話でもありました。

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。