--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13
2008

レギオス(コミック)感想

CATEGORY[感想]読書
【注意:ネタバレ込みの話です】

ビーンズ・エースで連載中(現在第2回)のコミックですが、かなり…いや、大分ガッカリ。気にいってる人がいたらゴメンネ! でも本当に最初の感想はコレなんだ…。
発売になったのを忘れてて昨日買ったんですが、なんていうか、ちょっと読まなきゃよかったなぁと思うくらい。

絵は綺麗な方だと思うし(好きかどうかは別だが)、あの制服(笑)をマンガで頑張って描いてるなぁとは思うんだけど、今回に限っては根本のストーリーが!!! 

以下、今回の連載分ネタバレ感想。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コミックは原作ベースに、多少オリジナル脚色がされている感じ。

連載第2回の今回、汚染獣がツェルニに来襲(飛来)します。

小隊を中心に汚染獣迎撃チームが組まれるわけですが、レイフォンとフェリの2人は「君たちが中心になって戦って欲しい」というような事を、カリアンから要請されるんですね。
当然のように反発するんですが、なんと汚染獣が予定より1日早くツェルニに到達してしまうのです。緊急警報が鳴り響く町で、(ちょっと色々考えたりした末でしょうが)レイフォンは「自分が(一人で汚染獣と)戦う」と決意。その意思をカリアンにフェリを介して告げるのです。

そしてエアフィルターの外で孤独な戦いを開始するレイフォンですが、その頃、ニーナは「何故武芸科で迎撃しないのか」と生徒会室(だと思う?)でカリアンに詰め寄っていました。それに対しカリアンは、彼に援軍を要請されていないから…と言って、一人戦うレイフォンの姿をニーナに示し、更にレイフォンの過去――かつてグレンダンで天剣授受者と呼ばれていた強さを持つ人物である事を教えるのでした。



・・・・・って書くと、おおよそ1巻のストーリーを踏襲してる感じがしますよねぇ…。
でも、最後の天剣云々の話をしたとき、生徒会室にたっくさん人がいるんです。…不特定多数の前で天剣の話を堂々としちゃうんですかー!? みたいな。
ううう、なんか釈然としなぁぁぁい!

細かい事を気にしすぎなのかもしれないけど、なんだかすっごく変な感じがしたんだよー。

グレンダンの話はレイフォンの鬱屈と葛藤の根本に関わる部分だから、もう少し丁寧に書き記して欲しかったなぁ。確かに今回みたいなバラし方は「劇的」ではあると思うんだけど、今後のストーリーが破綻しませんかね? とか思わないでもないです。

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。