--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2009

「考える力」を疑う。

CATEGORY[日記]雑談
常識、という単語で片付けてみたくなかったので「考える力」と書いてみる。


なにかっていうと、今日、関東は朝から雨。傘をもって電車に乗る人が多いわけです。

濡れた傘が服や鞄にぶつかるのを嫌がる人は多いですが、ラッシュ時の電車なら「多少は仕方ないな、混んでいるわけだし」とある程度の接触は我慢はするでしょう。
でも、ちょっと想像を絶する「傘の置き方」で水被害が来るのは――流石に「えええええ」と叫びたくなる時もあります。

今日、通勤電車で見かけた人は、まさにそんな叫びたくなる感じの人でした。(叫ばなかったけど)

どんな風に傘を持っていたかというと。

なんとつり革に 濡 れ た 長 傘 を ぶ ら さ げ た んですよ。

あれですよ、座席左右にある手すり部分(?)じゃなくて、つり革です、つり革! あれに傘の柄をひっかけてくれました。
私の目の前ではなく、やや離れた場所だったんですが、座ってる人に水かかりまくり・・・。

結局、水がどうのというよりは、列車の揺れで傘がブラブラするのが気に入らなかったようで、そのひとはつり革から傘を外したんですが、その次にやったのが、

網 棚 に 載 せ る

・・・・・・・・・・えーと、網の隙間から水が落ちてきてますよー・・・。


流石に座っている人が抗議をしたようで、その後は普通に持ってたけど、つり革につかまった方の腕に傘をかける(=やっぱり前に座っている人にぶつかったりしてた…)とかやってて、相当迷惑そうだったなぁ。


なんていうか「我が身に置き換えたときどう感じるか――、とか考えないんだろうか?」と、朝からグルグル考えちゃいました。


ちなみに網棚に濡れた傘、は私も1回喰らった事があり、読んでいた雑誌に見事に水滴がヒット。
頭上にあったのは折り畳み傘だったようなんですが、置かれたのに気づかなかった(雑誌に夢中でw)んだよねー。
流石に文句をいって、どけてもらったよ。曰く「傘袋に入れてるから平気だと思った」だそーだが、口も縛ってない傘袋に入れた傘を横にして置いたら、こぼれるときだってあるとおもいませんかー…。

濡れた雑誌は、いわゆるフリーペーパー(R25)だったから読めなくなっても別に気にしないけど、借りた本とか、買ったばかりの本とかだったら、弁償しろって言いたくなるね。

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。