--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
2011

風雲天狗~ムーンライトセレナーデ

劇団BQMAPの「風雲天狗~ムーンライトセレナーデ」を観てきました。

BQMAPの公演は、5月の公演以来。劇を観るのも…もしかしてそれ以来?? あれ、何か行ったかな…。

風雲天狗はシリーズものらしく、今回が4作目?だったかな。で、前の話が分からないとつまらないかな~とも思ったけど、そんなことはなかった! 一応、公演より少し前にあったイベントで、過去作のDVD上映を(1時間分くらいだけど)見ることが出来たのも影響してるかも? 風雲天狗の成り立ち(?)部分を、そこで知ることが出来たのは大きい…かもしれません。

でも知らなくても痛快娯楽的に楽しめた、と思ってます。序盤の説明部分とか、普通にやるとグダグダになったり雰囲気を壊しかねないんだけど、演じている方のキャラもあってか、すんなりと聞きつつ、世界観に浸れた…というか。


ちなみに毎回なにか劇や映画を観るたびに、脇役(特に敵方)に萌える傾向が高めな私ですが、今回も例外ではなかった…。姿形というより、声がすっごくよかったのですよ。(声フェチではないぞ!)
その方が客演するお芝居が来年あるようなので、観に行ってみようかな、と考え中です。


続きにちょっとだけ愚痴。
今回、残念だったこと。

すぐ後ろの席でね。ちょっとはしゃいでる子供さんがいて……。
集中しているところで、どたばたと走る音が聞こえたり、親御さん(推定)に話かける声が聞こえたりっていうのは、ちょっと集中力をそがれて悔しい限り。

話がすっごく面白かっただけに、余計にね。

あとは録画(販売DVD用かな)もしていたので、そういう音が入ってしまってるんではないか、と思うと余計に心が痛い…。(席がカメラまで近い場所だったので)

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。